対象者とは

診察台

インプラント治療は失われた歯を修復する新しい治療技術として、日本ではここ20年ほどの間に普及してきました。
現在では多くの歯科医院で実施されていますが、比較的歴史が浅いため技術水準が十分には確保されておらず、術後にトラブルとなったりする事例も見受けられます。
そのため現時点では、できるだけインプラント専門医を標榜する歯科医の許で治療を受けるのが賢明であるといえます。
専門医であれば多くの症例を扱ってきた実績があるので、技術には信頼がおけます。
また、インプラント治療に関する専門学会に属する医師であれば研修などを受けることも多いので、最新の治療技術を身につける機会に恵まれています。
さらに、多くの症例を扱っている専門医院ほど治療材料を大量に使用しているので、費用が割安になることもあります。

また、専門医院の利点として、先進的な医療機器が充実している点を挙げることができます。
インプラント治療においては手術の正確性を期すため、治療前のシミュレーションが非常に重要だとされています。
そのためには通常の2次元レントゲンだけではなくCTスキャンによる立体的な画像診断が必須とされています。
また、その画像をコンピュータに取り込んでバーチャルに手術の様子をシミュレートする特殊なソフトなども開発されています。
さらに最近では、サージカルガイドという特殊な器具を用いてインプラントを埋め込むべき個所を正確に指定できるような治療法も実用化されています。
専門医院であればこうした設備が整っているので、手術の安全性は非常に高まります。