美容皮膚科に行こう|正しい方法で悩みを排除

ウーマン
  1. ホーム
  2. 医療機関でできる脱毛とは

医療機関でできる脱毛とは

ドクター

医療機関で異なる脱毛法の違い

美しい素肌を維持するためにも普段からムダ毛の処理を行っている女性は多いです。カミソリや電気シェーバーを利用してムダ毛の処理を行う方法もありますが、繰り返しケアを行うことで肌に負担をかけてしまう恐れがありますし、お手入れ頻度も高くなるので少しでも手間をかけずに美しい素肌を手に入れるためにも美容皮膚科クリニックを利用する女性が増えてきています。美容皮膚科クリニックでは様々な種類の脱毛が受けられるようになっており、フラッシュ脱毛を利用した施術から、医療レーザーを利用したレーザー脱毛、ニードル脱毛の三種類です。フラッシュ脱毛は主にエステサロンや脱毛サロンで使用されており、肌への負担が少ない事が最大の特徴です。照射範囲が広く一度のケアで広範囲のお手入れを行えるので、全身脱毛も短時間でケアを完了させることができます。ただフラッシュ脱毛は照射威力が低いため、完全にムダ毛が目立たなくなるまで最低でも10〜12回は繰り返しケアを受けることが重要になります。また毛周期に合わせてケアを受ける必要があり、施術頻度も2〜3ヶ月に一度のペースとなり完全にケアが完了するまで2〜3年ほどかかってしまいます。より短期間で効果的な脱毛を得たいなら医療レーザーを利用した医療脱毛が人気です。大手の美容皮膚科では主にこの医療レーザー脱毛が採用されており、医療機関でしか利用することができないマシンなので、医療従事者のカウンセリングを受けた上でパッチテストを行い、肌にトラブルが無いか確認をした上で施術を行います。照射威力はフラッシュ脱毛に比べて高めなので、肌にレーザー照射を行った時にパチッとゴムで弾かれるような痛みを感じることがありますが、事前に肌を冷却して施術を行うことで痛みを最小限に抑えることが出来ます。万が一デリケートゾーンの処理で強い痛みを我慢できないという場合は、医師に相談をすれば部分麻酔の処置をすることも可能なので、ストレスを感じずにケアを行うことが出来るメリットがあります。最後にニードル脱毛ですが、レーザー脱毛が主流になる前は医療機関で受ける事ができる脱毛は、このニードル脱毛でした。毛穴に針をいれて電流を流すことにより毛乳頭を破壊して脱毛を行うシンプルな方法ですが、痛みが強く施術にかかる時間も長い特徴があるので、最近ではニードル脱毛を主流で行うクリニックが少なくなっています。医療機関で行われている施術内容は異なるので、事前にしっかり調べておくことが大切です。