返金される

歯磨き粉のふた

インプラントは、失った歯を再生する為に行う画期的な方法ですが自費治療なので費用がかかります。しかし、医療費免除があるので確定申告の時に申請すれば、金額が少し返ってきます。

Read More

流れを知る

電動ブラシ

インプラントと言えば、骨の中にネジや人工の歯を植え込みますがそこに辿り着くまでの流れを知っておくことで、不安にならず治療が受けられます。これは歯科クリニックのサイトで紹介しています。

Read More

比較は大事

歯磨き

インプラントは自費なので、クリニックによって金額が違います。しかし、安いから良いというわけではないので、事例と実績と同時に比較をすると、クリニック選びに失敗することもありません。

Read More

健康にも良い

金髪美人

インプラントをすることによって、顔の歪み改善や顎関節症の解決にも結びつきます。他にも、両方で噛むという行動が、脳の活性化だけではなく病気の予防にも繋がるという結果も出ています。

Read More

魅力について

診察中

歯周病や虫歯は、日本人が最も歯を失う原因と言われている症状です。
米国のように、歯に対する意識が薄いことも原因に挙げられますが歯周病の発見が遅れたことによっても更に歯を失う要因となっています。
今は、コンビニの数よりも歯医者の数が多いと言われる日本ですが出来ればこれからも自分の歯で物を噛みたいものです。
歯の欠損を補う方法としてインプラントの他に入れ歯、ブリッジがあります。
インプラント以外どちらも保険適用で治療可能ですが、デメリットがいくつかあります。
まず、入れ歯の場合歯に馴染むまで時間がかかります。これはインプラントでも同じですが最近は更に進化しており、最短で定着可能です。
そして調整を何度か行う為に歯科へ通う必要がありますが、インプラントの場合定期健診として三ヶ月から半年で十分とされています。
しかし入れ歯も今は、更に高性能になっていますがそれでもまだ完璧とは言い難いです。
他にも、隙間に食べかすが入るといった不快感も入れ歯ならではの特徴となっています。
対してブリッジの場合、健康な歯を削って行う方法なので、最悪の場合健康な歯を数年後失う可能性も出てきますがインプラントの場合それを回避することができます。

上記のデメリットや費用面を見て考えると、健康な歯を残す手段として選ぶのは入れ歯です。
しかし、長年それで過ごすとなれば異物感になれる必要が出てきます。
このように、歯を失うリスクはなくても何かしら不具合に感じることもあるのです。
それをトータルで解決するのが歯科クリニックで行うインプラント治療です。
最大のメリットは、歯を削ることなく自分の歯にできることです。
噛み心地も大変よく、入れ歯のような不快感も異物感もありません。
また、手入れも普段行う方法なので専用の洗浄剤の購入は必要ありません。
他にも、欠損部分が補われたことによってしっかり噛むことができる為病気の予防や老化防止など健康面でも効果が現れます。

  • 美味しいご飯を毎日食べれるように丈夫な歯を大垣のインプラントの歯科で施術してもらいましょう。高技術なので安心して通えますよ。